3月2日にまちなか読書会(略して「まちどく」)を開催しました。

今回は8名のご参加。

写真は、皆さんから紹介いただいた本たちです。

P_20190302_113218
順不同でご紹介します。

・佐藤 優著「人をつくる読書術」
・岸見一郎著「本をどう読むか: 幸せになる読書術」
・齋藤 孝著「読書する人だけがたどり着ける場所」
・菅野 仁著「友だち幻想」
・団 鬼六著「真剣師 小池重明」
・柚月裕子著「盤上の向日葵」
・長倉顕太著「頭が良くなり、結果も出る! モテる読書術」
・見城 徹著「読書という荒野」
・小寺 聡著「もういちど読む山川倫理」
・倫理用語問題研究会編「山川 一問一答倫理」
・濱井 修監,小寺 聡編「倫理用語集」
・渡邉哲也著「ゴーン・ショック! 事件の背後にある国家戦略と世界経済の行方」
・貴志祐介著「黒い家」
・原田マハ著「楽園のカンヴァス」
・笹井宏之著「えーえんとくちから」
・寺山修司著「寺山修司青春歌集」

このうち、原田マハ著「楽園のカンヴァス」をご紹介しましょう。

ルソーの名画によく似た絵、この真贋判定に、日本の研究者とニューヨーク近代美術館のキュレーターが招かれました。
絵とそれにかかわる古書を頼りにした勝負。ルソーとピカソ、二人の天才の想いをたどっていきます。

本書の中で数々の名画が登場、それらを知っているとさらに楽しめます。

 

今回も様々な本をご紹介いただきました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

 

※まちどくは月に一度、第1土曜日の朝10時~11時半、本屋プラグで開催しています。
次回は:
https://www.facebook.com/events/2152757098368506/

2月2日にまちなか読書会(略して「まちどく」)を開催しました。

今回は8名のご参加。

写真は、皆さんから紹介いただいた本たちです。

190202machidoku70
順不同でご紹介します。

・ナサニエル・ポッパー著「デジタル・ゴールド--ビットコイン、その知られざる物語」
・ニュー・サイエンティスト編集部著「ビットコインとブロックチェーンの歴史・しくみ・未来」
・上田岳弘著「ニムロッド」
・山本一力著「芝浜: 落語小説集」
・木山泰嗣著「教養としての「所得税法」入門」
・木山泰嗣著「教養としての「税法」入門」
・山田英生編集「ビブリオ漫画文庫」
・原田ひ香著「彼女たちが眠る家」
・森 達也著「A3(上)(下)」
・下村敦史著「サイレント・マイノリティ 難民調査官」
・鶴と亀編集部著「鶴と亀 禄」

 

このうち、山本一力著「芝浜: 落語小説集」をご紹介しましょう。

時代小説の山本一力が、「落語の人情世界」をノベライズ。
表題作の「芝浜」では、夫婦の愛情を温かく描く。他に「井戸の茶碗」、「百年目」、「抜け雀」などを収録しています。

 

今回も様々な本をご紹介いただきました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

 

※まちどくは月に一度、第1土曜日の朝10時~11時半、本屋プラグで開催しています。
次回は:
https://www.facebook.com/events/373863236679096/

1月5日にまちなか読書会(略して「まちどく」)を開催しました。

今回は7名のご参加。

写真は、皆さんから紹介いただいた本たちです。

190105machidoku69
順不同でご紹介します。

・選択出版株式会社「選択」(月刊誌)
・ペーター・ヴォールレーベン著「樹木たちの知られざる生活: 森林管理官が聴いた森の声」
・シャロン・バーチュ マグレイン著「異端の統計学ベイズ」
・北村 薫著「八月の六日間」
・上田岳弘著「ニムロッド」(雑誌「群像」より)
・吉村昭著「羆嵐」
・村山 早紀著「桜風堂ものがたり」

このうち、吉村昭著「羆嵐(くまあらし)」をご紹介しましょう。

本書は大正4年に北海道で起きた実話を取材し、描いたもの。
冬ごもりをしそこなった羆(ヒグマ)が民家に押し入った。羆は開拓村を単なる餌場とみなす。さらに後半は羆対策を巡って迷走する人間たちの姿が描かれていきます。

今回も様々な本をご紹介いただきました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

※まちどくは月に一度、第1土曜日の朝10時~11時半、本屋プラグで開催しています。
次回は:
https://www.facebook.com/events/279258359425935/

12月8日にまちなか読書会(略して「まちどく」)を開催しました。

今回は11名のご参加。

写真は、皆さんから紹介いただいた本たちです。

181208machidoku68
順不同でご紹介します。

・高山一実著「トラベジウム」
・クレイトン・M・クリステンセン,ジェームズ・アルワース,カレン・ディロン著「イノベーション・オブ・ライフ: ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ」
・池井戸潤著「下町ロケット ゴースト」
・落合 陽一,猪瀬直樹著「ニッポン2021-2050 データから構想を生み出す教養と思考法」
・パトリック ジュースキント著「香水―ある人殺しの物語」
・花田菜々子著「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」
・三上延著「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち」
・荻原浩著「二千七百の夏と冬(上) (下)」
・小川糸著「ツバキ文具店」
・北澤毅編「文化としての涙: 感情経験の社会学的探究」
・前野ウルド浩太郎著「バッタを倒しにアフリカへ」

 

このうち・クレイトン・M・クリステンセン他著「イノベーション・オブ・ライフ: ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ」をご紹介しましょう。

本書は『イノベーションのジレンマ』など、多数の名著を著した技術経営の大家クレイトン・クリステンセンが、これまで自身が教えてきた経営戦略を人生訓に落としこんで語る1冊。
紹介してくださった方はこの本を座右の一冊として何度も読み返しておられるそうです。

今回も様々な本をご紹介いただきました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
※まちどくは月に一度、第1土曜日の朝10時~11時半、本屋プラグで開催しています。

https://www.facebook.com/events/348949675835688/

11月3日にまちなか読書会(略して「まちどく」)を開催しました。

今日は7名のご参加。

写真は、皆さんから紹介いただいた本たちです。
181103machidoku67
順不同でご紹介します。

・石田衣良著「池袋ウエストゲートパーク」
・遠藤周作著「砂の城」
・金子光晴著「マレー蘭印紀行」
・金子光晴著「女たちへのいたみうた 金子光晴詩集」
・伊沢 正名著「「糞土思想」が地球を救う 葉っぱのぐそをはじめよう」
・ゼカリア・シッチン著「ネフィリムとアヌンナキ―人類(ホモ・サピエンス)を創成した宇宙人」
・宮本 輝著「錦繍(きんしゅう)」
・中上 紀著「天狗の回路」
このうち宮本 輝著「錦繍(きんしゅう)」をご紹介しましょう。

愛し合いながらも離婚せざるを得なかった二人、10年後に偶然再会、物語はその後の14通の往復書簡で構成されます。手紙だから書ける二人の想い、男女の過去と現在を行きかう愛と再生のロマンが綴られます。

今回も様々な本をご紹介いただきました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
※まちどくは月に一度、第1土曜日の朝10時~11時半、本屋プラグで開催しています。
ただし12月のみ都合により第2土曜日、12月8日に開催します。
https://www.facebook.com/events/574801816311201/

10月6日にまちなか読書会(略して「まちどく」)を開催しました。

今日は7名のご参加。

写真は、皆さんから紹介いただいた本たちです。

180901machidoku66
順不同でご紹介します。

・Bimba Landmann著「サン=テグジュペリと星の王子さま: 空に幸せをもとめて」
・サン=テグジュペリ「星の王子さま」
・万城目学著「とっぴんぱらりの風太郎」
・山口周著「劣化するオッサン社会の処方箋 なぜ一流は三流に牛耳られるのか」
・安田浩一著「ヘイトスピーチ 「愛国者」たちの憎悪と暴力」
・佐藤青南著「たぶん、出会わなければよかった嘘つきな君に」
・東 直子著「とりつくしま」
・グレゴリ青山著「ブンブン堂のグレちゃん: 大阪古本屋バイト日記」
このうちグレゴリ青山著「ブンブン堂のグレちゃん: 大阪古本屋バイト日記」を
ご紹介しましょう。

18歳の乙女グレちゃんは大阪のディープな古本屋でアルバイト。自身の体験を元に、ひとクセもふたクセもある、濃ゆ~い古本ワールドを漫画、写真等々で紹介。
実在の古本屋さん、店主、店にくるお客さん、古本を通じて古本の魅力をほのぼのと描いています。

今回も様々な本をご紹介いただきました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
※まちどくは月に一度、第1土曜日の朝10時~11時半、本屋プラグで開催しています。
次回11月は11月3日に開催します。
https://www.facebook.com/events/473420476499550/

※次々回12月は都合により第2土曜日、12月8日に開催予定です。

9月1日にまちなか読書会(略して「まちどく」)を開催しました。

今日は8名のご参加。

写真は、皆さんから紹介いただいた本たちです。

180901machidoku65
順不同でご紹介します。

・阿部智里著「烏百花 蛍の章 八咫烏外伝」
・本郷和人監修、和田ラヂヲ絵、横山了一絵、滝乃 みわこ他「東大教授がおしえる やばい日本史」
・高野秀行著、森清 写真「イスラム飲酒紀行」
・イバン・レピラ著、白川貴子訳「深い穴に落ちてしまった」
・東野圭吾著「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
・久坂部 羊著「芥川症」
・芥川龍之介著「藪の中」
・ベルンハルト・M. シュミッド著、アイディ著「道のむこう」
・高野秀行著「未来国家ブータン」

珍しいゲラ原稿での本の紹介もありました。

このうちベルンハルト・M. シュミッド写真による「道のむこう」を
ご紹介しましょう。

道が主人公の写真集。世界中のどこかの道とその周囲の様子が
写されています。時間、季節、天候により表情を変える道、
人や動物が横切る瞬間の道、まっすぐの道、曲がりくねった道、
坂の向こうが見えない道・・・

紹介いただいた方は、折々にこの写真集を何度も見返しておられるそうです。

今回も様々な本をご紹介いただきました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

※まちどくは月に一度、第1土曜日の朝10時~11時半、本屋プラグで開催しています。
次回10月は10月6日に開催します。
https://www.facebook.com/events/1694296390693062/

7月28日にまちなか読書会(略して「まちどく」)を開催しました。

今日は8名のご参加。

写真は、皆さんから紹介いただいた本たちです。
180728machidoku64

順不同でご紹介します。

・レイモンド・チャンドラー著,村上春樹訳「The Long Goodbye(ロング・グッドバイ)」
・Vivian Maier著「Vivian Maier: Street Photographer」
・ロベルト・インノチェンティ絵、J.パトリック・ルイス著「百年の家」
・三谷龍二著「木の匙」
・小保方晴子著「小保方晴子日記」
・大武ユキ著「フットボールネーション」
・冲方 丁著「光圀伝」
・新井紀子著「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」
このうちインノチェンティ絵による「百年の家」をご紹介しましょう。

1軒の古い家が主人公。1900年から100年の歳月を過ごす様子をすべて同じ構図だが精密に描かれた絵と素敵なことばでつづります。
自然豊かななかで、作物を育てる人々と共にある家。幸せな結婚を、また家族の悲しみを見守る家。やがて訪れる大きな戦争に傷を受けながら生き延びる家。そうして、古い家と共に生きた大切な人の死の瞬間に、ただ黙って立ち会う家・・・

何度も読み返したくなる、大人の絵本です。

今回も様々な本をご紹介いただきました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
※まちどくは月に一度、第1土曜日の朝10時~11時半、本屋プラグで開催しています。
次回8月はお休み、9月は9月1日に開催します。
https://www.facebook.com/events/428811814271466/

6月23日にまちなか読書会(略して「まちどく」)を開催しました。

今日は9名のご参加。

写真は、皆さんから紹介いただいた本たちです。

180623machidoku63

順不同でご紹介します。

・吉沢 久子著「ほんとうの贅沢」
・吉沢 久子著「自分のままで暮らす」
・温 又柔著「台湾生まれ 日本語育ち」
・岩本 友規著「発達障害の自分の育て方」
・カシワイ著「107号室通信」
・小島 ゆかり著「馬上―小島ゆかり歌集」
・又吉 直樹著「劇場」
・三島 由紀夫著「命売ります」
・大山 淳子著「あずかりやさん」
・外山 滋比古著「「いつ死んでもいい」老い方」

このうち、大山 淳子著「あずかりやさん」をご紹介しましょう。

「一日百円で、どんなものでも預かります」。東京の下町にある商店街のはじでひっそりと営業する「あずかりやさん」。店を訪れる客たちは、さまざまな事情を抱えて「あるもの」を預けようとします。

今回も様々な本をご紹介いただきました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

※まちどくは月に一度、第4土曜日の朝10時~11時半、本屋プラグで開催しています。
次回は7月28日に開催します。
https://www.facebook.com/events/1802797743142836/

5月26日にまちなか読書会(略して「まちどく」)を開催しました。

今日は6名のご参加。
写真は、皆さんから紹介いただいた本たちです。

順不同でご紹介します。

180526machidoku62

・ポール・フライシュマン著「種をまく人」
・池波正太郎 著「そうざい料理帖」
・いしいあや著「ニジノ絵本屋さんの本」
・穂村 弘,堀本 裕樹著「短歌と俳句の五十番勝負」
・さかき漣著「顔のない独裁者 「自由革命」「新自由主義」との戦い」
・秋川 滝美著「居酒屋ぼったくり」

 

このうち、ポール・フライシュマン著「種をまく人」をご紹介しましょう。

はじまりは小さな種でした。貧民街のゴミ溜めで小さな女の子が6粒の豆の種を
蒔きました。水やりをする女の子をずっと見ていた人がいました・・・
種まきから少しずつつながる、年齢も人種も異なる13人の物語。だれも気にとめなかったゴミ溜めが、すこしずつ変わりはじめます。

 

今回も様々な本をご紹介いただきました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

 

※まちどくは月に一度、第4土曜日の朝10時~11時半、本屋プラグで開催しています。
次回は6月22日に開催します。
https://www.facebook.com/events/1542523515870615/