10月28日にまちなか読書会(略して「まちどく」)を開催しました。

今回は5名のご参加。

写真は、皆さんから紹介いただいた本たちです。

順不同でご紹介します。
・深尾葉子著「日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体」
・深尾葉子著「日本の社会を埋め尽くすカエル男の末路」
・黒川宇吉, 海老沼剛著「Croak! 世界の不思議なカエル」
・須賀敦子著「ミラノ 霧の風景」
・森賢三/森光司著「農から学ぶ哲学」
・辻村 深月著「ふちなしのかがみ」
・マイケル・ブース著「英国一家、日本を食べる」

今回も様々な本をご紹介いただきました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

※まちどくは月に一度、第4土曜日の朝10時~11時半、本屋プラグで開催しています。
次回は11月25日に開催します。
https://www.facebook.com/events/134845717236138/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中