9月1日にまちなか読書会(略して「まちどく」)を開催しました。

今日は8名のご参加。

写真は、皆さんから紹介いただいた本たちです。

180901machidoku65
順不同でご紹介します。

・阿部智里著「烏百花 蛍の章 八咫烏外伝」
・本郷和人監修、和田ラヂヲ絵、横山了一絵、滝乃 みわこ他「東大教授がおしえる やばい日本史」
・高野秀行著、森清 写真「イスラム飲酒紀行」
・イバン・レピラ著、白川貴子訳「深い穴に落ちてしまった」
・東野圭吾著「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
・久坂部 羊著「芥川症」
・芥川龍之介著「藪の中」
・ベルンハルト・M. シュミッド著、アイディ著「道のむこう」
・高野秀行著「未来国家ブータン」

珍しいゲラ原稿での本の紹介もありました。

このうちベルンハルト・M. シュミッド写真による「道のむこう」を
ご紹介しましょう。

道が主人公の写真集。世界中のどこかの道とその周囲の様子が
写されています。時間、季節、天候により表情を変える道、
人や動物が横切る瞬間の道、まっすぐの道、曲がりくねった道、
坂の向こうが見えない道・・・

紹介いただいた方は、折々にこの写真集を何度も見返しておられるそうです。

今回も様々な本をご紹介いただきました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

※まちどくは月に一度、第1土曜日の朝10時~11時半、本屋プラグで開催しています。
次回10月は10月6日に開催します。
https://www.facebook.com/events/1694296390693062/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中