10月6日にまちなか読書会(略して「まちどく」)を開催しました。

今日は7名のご参加。

写真は、皆さんから紹介いただいた本たちです。

180901machidoku66
順不同でご紹介します。

・Bimba Landmann著「サン=テグジュペリと星の王子さま: 空に幸せをもとめて」
・サン=テグジュペリ「星の王子さま」
・万城目学著「とっぴんぱらりの風太郎」
・山口周著「劣化するオッサン社会の処方箋 なぜ一流は三流に牛耳られるのか」
・安田浩一著「ヘイトスピーチ 「愛国者」たちの憎悪と暴力」
・佐藤青南著「たぶん、出会わなければよかった嘘つきな君に」
・東 直子著「とりつくしま」
・グレゴリ青山著「ブンブン堂のグレちゃん: 大阪古本屋バイト日記」
このうちグレゴリ青山著「ブンブン堂のグレちゃん: 大阪古本屋バイト日記」を
ご紹介しましょう。

18歳の乙女グレちゃんは大阪のディープな古本屋でアルバイト。自身の体験を元に、ひとクセもふたクセもある、濃ゆ~い古本ワールドを漫画、写真等々で紹介。
実在の古本屋さん、店主、店にくるお客さん、古本を通じて古本の魅力をほのぼのと描いています。

今回も様々な本をご紹介いただきました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
※まちどくは月に一度、第1土曜日の朝10時~11時半、本屋プラグで開催しています。
次回11月は11月3日に開催します。
https://www.facebook.com/events/473420476499550/

※次々回12月は都合により第2土曜日、12月8日に開催予定です。

広告