7月6日にまちなか読書会(略して「まちどく」)を開催しました。

今回は8名のご参加。

写真は、皆さんから紹介いただいた本たちです。

190706_machidoku75.jpg

順不同でご紹介します。

・アサイ著「木根さんの1人でキネマ」
・青柳 碧人著「むかしむかしあるところに、死体がありました。」
・内野 安彦著「スローライフの停留所」
・小山 靖憲著「熊野古道」
・カズオ・イシグロ著「わたしを離さないで」
・樺沢紫苑著「学びを結果に変えるアウトプット大全」
・辻村深月著「噛みあわない会話と、ある過去について」
・恩田 陸著「蜜蜂と遠雷」

このうち、青柳 碧人著「むかしむかしあるところに、死体がありました。」をご紹介しましょう。

「一寸法師」や「花咲爺さん」など誰でも知っている日本昔話を題材に、密室殺人やアリバイ、ダイイングメッセージなどが登場する、まったく新しいタイプのミステリに置き換えられた短編集。

衝撃のタイトルながら、本格ミステリーを楽しむ一冊です。

 

今回も様々な本をご紹介いただきました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

※まちどくは月に一度、第1土曜日の朝10時~11時半、本屋プラグで開催しています。
次回は:
https://www.facebook.com/events/366692844038041/