9月8日にまちなか読書会(略して「まちどく」)@ポポロハスマーケットを開催しました。

今回は5名のご参加。

写真は、皆さんから紹介いただいた本たちです。

190908_machidoku78
・未須本 有生著「ドローン スクランブル」
・遠藤 周作著「十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。」
・菅谷 明子著「未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告―」
・小林有吾著「アオアシ(1)」
・東野 圭吾著「沈黙のパレード」
・和田誠著「倫敦巴里 London Paris」

このうち、遠藤 周作著「十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。」をご紹介しましょう。

好きと打ち明けたい。デートに誘いたい。病気の人を見舞いたい。身内を亡くした人にお悔やみを伝えたい。そんな時、どうしたら自分の気持ちを率直に伝えて、相手の心を動かす手紙を書くことができるのか―

人と人の絆が希薄になった現代人に狐狸庵先生が教えてくれる、幸せに生きるための「大切なちょっとした」ヒントがつづられます。

遠藤周作没後10年。奇跡的に発見された原稿が世に出た一冊です。
今回も様々な本をご紹介いただきました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
※まちどくは月に一度、第1土曜日の朝10時~11時半、本屋プラグで開催しています。
次回は:
https://www.facebook.com/events/476561403185511/

広告

9月7日にまちなか読書会(略して「まちどく」)を開催しました。

今回は10名のご参加。

写真は、皆さんから紹介いただいた本たちです。

190907_machidoku77
順不同でご紹介します。

・石井 睦美著「から揚げの秘密」
・石井 睦美著「ひぐまのキッチン」
・垣谷 美雨著「ニュータウンは黄昏れて」
・城田 真琴著「デス・バイ・アマゾン テクノロジーが変える流通の未来」
・成毛 眞琴著「amazon 世界最先端の戦略がわかる」
・稲垣 栄洋著「生き物の死にざま」
・レティシア コロンバニ著「三つ編み」
・中上 健次著「紀州 木の国・根の国物語」
・岩瀬 達哉著「血族の王: 松下幸之助とナショナルの世紀」
・中島 らも著「心が雨漏りする日には」
・和田誠著「倫敦巴里 London Paris」
・吉田 一郎著「国マニア 世界の珍国、奇妙な地域へ!」

このうち、吉田 一郎著「国マニア 世界の珍国、奇妙な地域へ!」をご紹介しましょう。

世界に国はたくさんあるけれど、小さな国、おもしろい国、ワケありな国ばかり
50か国以上集めて紹介。有名どころではないけれど、これが国なの?という「国」も含めて詳しく解説。
国として存在するにはちょっといい加減だったり、したたかだったり、と様々。
こんな国があったのかとびっくりします。
今回も様々な本をご紹介いただきました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
※まちどくは月に一度、第1土曜日の朝10時~11時半、本屋プラグで開催しています。
次回は:
https://www.facebook.com/events/476561403185511/

まちなか百姓養成塾開催

まちなか百姓養成塾で有機野菜の栽培を学びましょう

2019年、9月18日(水)18時30分ー20時

和歌山市地域フロンティアセンター会議室(フォルテワジマ6階会議室)

先着20人、資料代500円、申込みは不要、問い合わせはnope930@gmail.com