9月5日にまちなか読書会(略して「まちどく」)を開催しました。

今回は6名のご参加。

写真は、皆さんから紹介いただいた本たちです。

順不同でご紹介します。

・中島真志著「アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者」
・中島真志著「アフター・ビットコイン2 仮想通貨vs.中央銀行 :「デジタル通貨」の次なる覇者」
・ミヒャエルエンデ著「モモ」
・NHKテキスト「NHK 100分 de 名著 ミヒャエル・エンデ『モモ』」
・標野 凪著「終電前のちょいごはん: 薬院文月のみかづきレシピ」
・中野京子著「画家とモデル: 宿命の出会い」
・真梨幸子著「縄紋」
・宮下奈都著「羊と鋼の森」

 このうち宮下奈都著「羊と鋼の森」をご紹介します。

 ある青年が偶然ピアノ調律と出会い、魅了され、調律師として訓練を受けて
働き始めます。ひたすら音と向き合い、調律の世界にのめりこんで成長していく
青年の姿を描きます。
 羊はピアノ内部で弦を叩くハンマーを覆うフェルト、鋼はその弦のこと。この羊と鋼が作り出すピアノの世界をたっぷり堪能できる一冊です。

 今回も様々な本をご紹介いただきました。
 ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

※感染症対策として、まちなか読書会は、十分に換気を行いマスク着用で実施いたしました。ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。

※まちどくは月に一度、第1土曜日の朝10時~11時半、本屋プラグで開催しています。
次回は10月3日です。
https://www.facebook.com/events/3416505088434946/