11月7日にまちなか読書会(略して「まちどく」)を開催しました。

今回は6名のご参加。

写真は、皆さんから紹介いただいた本たちです。

順不同でご紹介します。

・ワタリウム美術館編「南方熊楠 菌類図譜」
・北原保雄,小川栄一編「延慶本 平家物語 本文篇」
・久保帯人,成田良悟著「BLEACH Can’t Fear Your Own World I」
・百田尚樹著「風の中のマリア」
・石原 比伊呂著「北朝の天皇-「室町幕府に翻弄された皇統」の実像」
・垣谷美雨著「農ガール、農ライフ」

 このうち百田尚樹著「風の中のマリア」をご紹介します。

 オオスズメバチの帝国に生まれた戦士、マリア。幼い妹たちと「偉大なる母」のため、恋もせず、子も産まず、わずか30日の命の間、戦い続ける。ある日出逢ったオスバチから自らの宿命を告げられる・・・
 小説でありながら、スズメバチの一生を丹念に描いています。

 今回も様々な本をご紹介いただきました。
 ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

※感染症対策として、まちなか読書会は、十分に換気を行いマスク着用で実施いたしました。ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。

※まちどくは月に一度、第1土曜日の朝10時~11時半、本屋プラグで開催しています。
次回は12月5日です。

https://www.facebook.com/events/722781885338620/