まちなか百姓養成塾開催

8月26日(水)18:30からフォルテワジマ(和歌山市本町)6階の和歌山市NPOボランティアサロンで開催。

今回は、秋に植える野菜の栽培学習会と、まちなかでもできる袋菜園について説明がある。参加者限定で、袋菜園の申し込みも始める。苗と袋、土がセットになったものを、10月に届けるもの。すでに、春野菜では、まちなかの保育所、デイサービス施設、レストランなどで申し込みがあり、栽培され好評。

まちなか百姓養成塾の申し込みは前日までに、わかやまいいね!プロジェクトまちなか百姓養成塾(info@wakayamaiine.com)

DSCF2926

まちなか百姓養成塾、8月26日開催、参加者募集中

次回のまちなか百姓養成塾は8月26日18時30分から、フォルテワジマ6階会議室Cで開催。

今回は、秋野菜の定植と栽培管理について、JAわかやまの田邊副部長のお話を聞く。

ブロッコリー、大根、キャベツなど、秋にかけて定植する野菜が多いが、質疑応答を交えて

の説明となる。

参加費は300円。

参加申し込みは前日までに、わかやまイイネ!プロジェクト(info@wakayamaiine.com)DSCF3060

 

袋deまちなか菜園@城北保育所で収穫祭

まちなか百姓養成塾が展開する袋deまちなか菜園の一つである和歌山市の城北保育所で7月2日、収穫祭があった。

城北保育所では、昨年よりまちなか百姓養成塾の指導の下、袋で野菜栽培を実施している。今回収穫祭を行ったのは、今年2月に袋に植えたジャガイモ、4月から栽培を始めたナス、

トマト。日頃は園児が水やりや肥料をやっている。同保育所としても教育の一環として、袋栽培に取り組んでいる。この日は、袋菜園から収穫できたジャガイモ、ナス、トマトなどでカレーライスをつくり、園児、保護者で試食した。園児からは「ジャガイモがたくさん取れてよかった」

「ナスが大きくなったね」などと大喜びをして、試食していた。保護者も「こどもの時から農に触れる活動をしてくれるのでありがたい」「食物の大切さを体験できる」などと好評。

同保育所は、秋にも、まちなか百姓養成塾の指導を受け、大根、ブロッコリーなどの袋栽培に取り組んでいく。

DSCF3067IMG_0242

袋de まちなか菜園@城北保育所

まちなか百姓養成塾は袋deまちなか菜園を展開しています。

ジャガイモの袋栽培に挑戦している城北保育所で6月24日に園児達が収穫しましたよ。
試食会を開催して、収穫したジャガイモをみんなで食べるそうです。
楽しみですね。

袋deまちなか菜園を学べる家庭菜園講座は以下のとおり開催します。

日時:8月26日18時30分
場所:フォルテワジマ6階ボランティアサロン
参加申込は前日までにメールでお願いします。
info★wakayamaiine.com(★をアットマークに変える)

まちなか百姓養成塾でナス、トマトの栽培学ぶ

DSCF3060

6月24日18時30分から、フォルテワジマ6階、和歌山市NPOボランティア会議室で

第14回まちなか百姓養成塾開催しました 参加者は28人

JAわかやまの田邊副部長からナス、トマトなどの栽培について学びました。

そのあと野菜の栽培について質問があり、大いに盛り上がっていました。

次回の養成塾は8月26日18時30分から同所で開催。参加申し込みは

前日までに、info@wakayamaiine.com 参加費は300円

袋deまちなか菜園が広がっています

まちなか百姓養成塾チームの袋deまちなか菜園が、和歌山市本町周辺で始まりました。

昨年から取り組んでいる城北保育所では、園児の教育の一環として取り組んでいます。

今回はきゅうり、ジャガイモなどの袋栽培に取り組み、収穫したじゃがいもでカレーを作って子ども達と食事会をしようと計画しています。

まちなか百姓養成塾チームは、この他に、まちなかのデイサービス施設、レストラン、食品加工施設などで袋deまちなか菜園を展開し、まちなかで農とのふれあいを拡大していきます。

3月8日のポポロハスマーケットに出店します

第1回リノベーションスクールから生まれた、手作りとロハスにこだわったマーケット「ポポロハスマーケット

今年2月から毎月第2日曜日に定期開催となりました。

今月はまちなか百姓養成塾も初出店します!

袋deまちなか菜園用の「あき袋アート体験」や、百姓塾に参加されている方が作った農産物(大根、里芋、キャベツ、白菜、米、はっさく)の販売などを行います。

ここ数日ぐずついた天気が続いていますが、日曜日は今のところお天気になりそうですね。

暖かくなってきてお出かけにはいい季節になってきました。

ぜひ3月8日はポポロハスマーケットへ遊びに来てくださいね!

2月25日のまちなか百姓養成塾で、袋de菜園申し込みを受け付けます。

まちなか百姓養成塾チームでは、新たな取組として、キュウリ、ナス、ミニトマトの袋deまちなか菜園セットの販売を始めます。

以前より、袋や土、苗が欲しい!と参加者のみなさんからお声をいただいていましたので、その声に応える形で実施します。

2月25日のまちなか百姓養成塾で申込みを受け付けますので、ぜひご参加ください。

■まちなか百姓養成塾

日時:2月25日 18時30分〜
場所:フォルテワジマ6階 NPOボランティアサロン
参加費:100円
申込み:前日までにメールで、お名前と連絡先を。
info@wakayamaiine.comまで

■袋deまちなか菜園

苗:キュウリ、ナス、ミニトマトのいずれか
値段:一袋1,000円(税込み)

~人と土のコミュニティ~新たな農のカタチ「まちなか再生に対する農業の役割と可能性について」

20131024-01

「農業」というまったく新しい観点から、「まちなか再生」にどのような「対策」や「活動」がありうるのか?!

2ヶ月に1回「まちなか百姓養成塾」を開催している、まちなか百姓養成塾チームが主体となってフォーラムを開催します。

入場無料、事前申込み制で誰でも参加できます。

詳細は以下のとおりです。

<~人と土のコミュニティ~新たな農のカタチ「まちなか再生に対する農業の役割と可能性について」>
日時:平成25年11月24日(日) 13時30分~16時30分
場所:みんなの学校(和歌山市米屋町2 ぶらくり丁商店街内)
参加費:無料
申込み:住所・氏名・電話番号・年齢を明記の上、メールまたはFAXで。
締切:平成25年11月23日(土)

申込み先
メール:info@wakayamaiine.com
FAX:073-427-8164

みなさまのご参加、お待ちしております!